メニュー

住宅ローンに備える保険、保険会社の保険が有利になる!? - 東京都杉並区の保険相談、見直し、八木照浩保険代理店FP事務所

知って得する保険コラム

住宅ローンに備える保険、保険会社の保険が有利になる!?

カテゴリ: 保険活用法 作成日:2017年05月01日(月)

ウェブサイトリニューアル後、初めてのコラム更新となります。

第一回目は、題名の通り住宅ローンの保険についてです。今後、ローンを組んで自宅を購入することを考えている方には是非一読していただきたい内容となっていますので、よろしくお願い致します。

 

現在住宅ローンを組もうとすると、団体信用生命保険(通称:団信)という保険がセットになっていることがほとんどです。団信とは、ローンの名義になっている人に万一のこと(死亡保障や高度障害)が起きた場合、残りの残高を返済してくれるというものです。先に述べた通り、ローンと団信はセットになっているケースがほとんどで、そのまま契約してしまうケースが多いのですが、それは一度待ったをかけ、冷静に検討するべきです!

 

実は、この団信とそっくりそのままの保険を保険会社で作ることが可能なのです。その保険が収入保障保険というものです。収入保障保険とは、保険期間を定め、被保険者に万一のことが起きた場合に、残りの期間分定めた保険金額が支払われるというものです。毎月ご遺族の方がお給料のように保険金を受け取れる一方、一括でも保険金を受け取ることができます。

団信ではローン残高と期間によって保険金額が自動的に決まり、万一のときには自動でローン返済に充てられる一方、保険金額や保険期間を自由に決めることができ、受け取り方法も選べる収入保障保険は、自在性が高いといえるでしょう。

 

自在性という点では収入保障保険に分があることは間違いないですが、団信を選ぶメリットももちろんあります。団信の最大の特徴でもありますが、保険料が性別・年齢にかかわらず一定であるという点です。保険会社の保険では年齢が上がるにつれ、保険料は高くなっていくため、比較的年齢の高い人については団信の方がかなり割安になることがあります。しかしこれは裏を返せば、年齢の低い人は団信の方が割高になってしまう可能性があるということなのです!

 

団信と保険会社の保険を比較するときに、年齢は重要な点となりますので、契約前にはよく確認をしてみてください!

 

最後にもう一点、これはハウスメーカーにもよるのですが、ハウスメーカーによっては自社の優遇された金利でローンを組む方法が存在する場合があります。このケースでは、団信を外すことで最も優遇された金利のローンを受けられるケースが多いので、ローン審査が通った人については、優遇された金利で保険会社の保険を加入することも選択肢の一つに入れるべきでしょう!

 

以上簡単な説明で恐縮ですが、保険会社の保険が有利になることがあるケースをご理解頂けたと思います。ただし、金融機関等によっては、団信とセットがローンを組む条件であるところも少なくはありません。団信とセットが条件ではない場合は、是非一考し、団信と保険会社の保険のどちらが有利か検討してみてください!

 

当事務所では、いつでもご相談を承っておりますので、ご興味のある方は『お問い合わせ』からご連絡ください。

今後ともよろしくお願い申し上げますm(__)m